ユーグレナ(ミドリムシ)の効果<不足しているのは野菜だけじゃない>

厚生労働省の推奨する野菜摂取量は350gですが、全世代においてこの推奨する摂取量に足りていません。

 

それだけではなく、魚の摂取量が減り、肉の摂取量が増えているため、魚から摂れるDHAやEPAも不足しています。

 

野菜不足だけではなく、肉、野菜、魚の栄養素をバランス良く摂りたい人に嬉しいのがユーグレナです。

 

ユーグレナというのはミドリムシで有名になったのですが、ワカメや昆布のような藻類であるにも関わらず、植物と動物の両方の性質を持つ成分です。

 

そのユーグレナの栄養価はとても高く、野菜や魚から取れるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAをはじめとするなんと59種類もの栄養素を持っています。

 

せっかくの栄養素もうまく体に吸収されないと意味がありませんが、ユーグレナの消化率は93.1%と非常に高いのも特徴のひとつです。

 

例えば野菜からビタミンなどの栄養素を摂る時には、植物の持つ細胞壁のせいで効率よく栄養素を消化することができず吸収率が落ちてしまいます。

 

健康のために野菜を食べるなら大量に食べないとその効果に期待ができないのはこのためなんですね。

 

この点もユーグレナは細胞壁がないため効率よく栄養素を生かすことができるんです。

 

ダイエットに期待できるパラミロン

ユーグレナは栄養価が高いだけではなく、ダイエット効果にも期待ができます。
その理由はユーグレナ固有の成分であるパラミロンです。

 

パラミロンは表面にあるたくさんの穴が、食物繊維と同じような役割をしていて、体内の不要な物質を吸い取ってしまいます。
きのこ類に多く含まれるβグルカンの一種で、体内の毒素を体外に排出する作用に優れています。

 

抗ガン作用や、免疫力の強化、感染症の予防効果など健康面でも期待されているユーグレナにしか存在しない貴重な成分です。

 

パラミロンに空いた穴のサイズはコレステロールなどの脂肪成分を取り込むけれど、逃しにくいサイズと構造をしています。
そのため太る原因となる有害物質を吸着して排泄物と一緒に排出してしまいます。

 

この効果によりダイエットでのデトックス効果に期待ができますし、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防にも効果を期待されています。

 

ユーグレナの緑汁(ミドリムシ)

青汁では野菜の栄養素が摂れますが、ユーグレナの緑汁(ミドリムシ)では野菜だけではなく、肉や魚まで豊富な栄養素を摂ることができます。
ユーグレナ・ファームのミドリムシには、ユーグレナだけではなく栄養価の高い大麦若葉や明日葉も配合されているため、さらに栄養価が高く仕上がっています。

 

今までのドリンクではあまり効果が感じられなかった、もっと栄養バランスの良いドリンクを飲んでみたい人におすすめです。
食生活や生活リズムの乱れからなんとなく体調が優れないと思っても、すぐに今のライフスタイルを改善することは難しいものです。

 

また年と共に痩せにくく太りやすくなってきたと感じる人も、ユーグレナのミドリムシなら、手軽にダイエットのサポートが出来ますね。
ミドリムシなら飲むだけですので、無理なく毎日続けられる点が嬉しいですね。


更新履歴